ツネイシフィールド

中四国地方最大規模 国際試合サイズのサッカーフィールド3面の広大なロングパイル人工芝
サッカー・グラウンドゴルフ・ラクロス・ラグビー など

ツネイシフィールド
ツネイシフィールド
ツネイシフィールド
ツネイシフィールド

公益財団法人日本サッカー協会が2007年よりサッカーの普及や選手育成を目的として推進する「都道府県フットボールセンター整備事業」。当施設はこの事業の認定を受け、グループのNPO法人ツネイシ・スポーツアクトと広島県サッカー協会が共同で運営しています。敷地面積4万㎡と中四国地方では最大規模。国際試合規格(縦105m×横68m)のロングパイル人工芝フィールド3面を備え、そのうち2面には、夜間照明を設置。多くの試合数をこなすことが出来るため、大型大会開催が可能です。
※ジュニア規格の場合6面確保

ピッチの芝について


一年を通じて良好なフィールドコンディションを保つハイブリッドターフ。安全性と競技性に加え、優れた排水性能が特徴のターフを採用し雨天時でも計画的な活動・練習が可能になります。種目を問わない汎用性で、幅広い用途でご利用いただけます。


計画的なチーム作りができる稼働性とプレー性、そして身体にやさしい安全設計で、フットボールからスクールグラウンドまで全国のスポーツ施設で実績を重ねています。

ピッチ